栃木県で無垢と漆喰の自然素材でつくる注文住宅(オーガニックな家)を設計・施工する工務店。オーガニックスタジオ

薪ストーブと登り棒のある家

黒弁柄塗りの杉板貼の外観と薪ストーブで大満足

薪ストーブと登り棒のある家

薪ストーブと登り棒のある家

黒の杉板張りと漆喰の壁に丸い窓と煙突。新しい住宅が建ち並ぶこの界隈ではぱっと目を惹く外観です。
このお宅は第24回とちぎ県産材木造住宅コンクールで特別賞を頂きました。

薪ストーブと登り棒のある家

一年点検でおじゃましましたのは1月末の極寒期の午後4時頃。玄関を入った瞬間からホンワカあたたかい。
このお宅、薪ストーブ1台で暖をとっておりますが、朝方燃したっきりとのこと。
大きな吹抜け部があるので、冷気が循環するコールドドラフト現象はおきませんか?と尋ねたところ
「ありませんねえ。どこも暖かいですよ。」
実はコールドドラフト現象の予防として、薪ストーブの熱で床下をあたため冷気のたまりやすいところにガラリを空けて暖気がいくように試みてみたのです。功を成しました。

お子様の将来のことを考え限られた予算の中でのマイホーム建築。しかし建てて住んでから後悔しないよう子供の健康面のことを優先して、建物は多少小さくなっても弊社で建てたいと決めてくださいました。
そんなお子様達も登り棒で遊び元気いっぱいでうれしい限りです。

登り棒で遊び元気いっぱい1 登り棒で遊び元気いっぱい2

「外壁の杉板の弁柄の色は赤茶、こげ茶、黒の3色ありどれも素敵な色でしたがこの家にはやっぱり『黒』でしたね!とても気に入ってます。知り合いからも〝かっこいい。〟とほめられましたよ。」
「夢だった薪ストーブでしたが薪の調達がたいへんだよ。と言われあきらめていましたが、田中さんに〝煙突を見て薪を提供してくれる人が出てきますよ。うちの現場の端材もよかったら使ってください。〟と言っていただき踏み切れました。そしたら本当に薪の提供者が現れ今では薪小屋にいっぱいです。実現できて感謝してます。」

お気に入りの薪ストーブの前で家族写真を一枚

お気に入りの薪ストーブの前で写真を一枚。

奥様は「とても満足してます。しいていえば・・・見学会に行ったお宅には小さいニッチがあったのでうちもどこかにつくものと思っていたのに無かったのでちょっと残念でした。」とやさしく微笑んでました。

壁の厚みを利用して小物を飾れる小さなニッチを大概つくるのですが、E様宅は壁は収納スペースの確保にいっぱいで・・・ごめんなさい。

お気軽にお問い合わせください TEL 0282-82-8821 受付時間 9:00 - 18:00
栃木県下都賀郡壬生町落合2-16-6

PAGETOP