このお家はゼロエネルギー住宅事業に選ばれました弊社の省エネルギー適合住宅です。
片流れの屋根の上には5.2kWの太陽光発電パネルが載っており、この住宅で使うエネルギーの全てが賄うことができプラス2割の売電というおまけもつく仕様です。

小山羽川 『35坪。等身大の広さで賢くお洒落に暮らす家』

無機質な黒のガルバと漆喰の白のシャープな外観を大谷石と木格子で温もりのあるオーガニックなイメージに。大谷石を敷いた小径が隠れ家みたいで素敵です。

大谷石を敷いた小径 漆喰の白のシャープな外観

玄関に入ると左側にお客さま用の上り口とその奥に家族用の上り口、さらに右手には洗面脱衣室に直行できる扉があります。汚れて帰宅した時には助かりますよね。

ではお客さまの上り口から入ります。漆喰の壁に小さなニッチと収納付飾り棚。

漆喰の壁 漆喰の壁に収納付飾り棚

障子と古材で和のティストを取り入れたオガスタモダンのLDK。
床は無垢のウォルナットにワトコオイルを塗りました。浸透性の塗料で亜麻仁油が主成分でどことなく甘い香りがします。木材の「樹美」を生かし重厚感があります。

障子と古材で和のティスト 障子と古材で和のティスト2 障子と古材で和のティスト3

リビングの大きな窓のむこうは4帖程のウッドデッキ。南道路面からは高さもあり、圧迫感のない目隠し塀なので視線が開けて開放感がありとても寛げます。

4帖程のウッドデッキ

リビングの一角には小上がりのある和室。キッチンからも様子が見れます。障子と板戸を閉めればこの通り。

和室 和室

 

ダイニングのテーブルも造作しました。小ぶりですが丸みがあるので5,6人は集まれます。
このおうちはキッチンに立つと家の全体が見渡せます。主婦はキッチンに立つ時間が長いので、外の景色を眺めたり、対面のカウンターでPCを操作するご主人との会話やリビングのTVを見ながらと家族との一体感を保ちながら楽しく家事が出来ます。DKを軸として人が集まる和気あいあいとした様子が思い浮かびます。

ダイニングのテーブルも造作

さあ、オガスタ仕様の職人さん達による造作工事をご覧ください。
左より、DK全体。パソコンカウンター。対面式の白いタイルのキッチン。背面にIHと調理台。

s-s-15A1A1P1020675 DK全体 職人さん達による造作工事 対面式の白いタイルのキッチ

キッチンの脇のパントリー(勝手口から荷物の出し入れに便利ですね)。収納棚付鏡の洗面化粧台。タイルのカウンターが手摺にもなる広々トイレ。

キッチンの脇のパントリー キッチンの脇のパントリー キッチンの脇のパントリー

身体にやさしい杉板の階段を上がって2階に行きます。
階段手摺壁の厚みを利用した本棚。益子焼きとタイルの手洗いコーナー。

階段手摺壁の厚みを利用した本棚 益子焼きとタイルの手洗いコーナー

子供部屋は将来2部屋に仕切れるように。 右は主寝室で西側には通風高窓を。ベッドのヘッド部分には奥行きの浅い棚。リネンのカーテンとアイアンが素敵です。

子供部屋 子供部屋

主寝室脇のたっぷりWIC。可動棚なのでお好みの高さに調節可能。そして廊下からも出入りができます。

主寝室脇のたっぷりWIC 可動棚

暮らしやすい動線とランニングコストのかからない賢い家であり、壁の白と木部の色の彩りがきれいでスタイリッシュであり和の懐かしさも取り入れたオガスタモダンの家。
今後の暮らしぶりが楽しみです。